更年期障害を乗り切れ!サプリの服用でも抑えられる症状

更年期障害を治療する方法

  • 支持的療法
  • 洞察的療法
  • 表現的療法
  • 漢方薬療法
  • 精神安定剤
  • ホルモン補充法
  • 睡眠療法
  • 運動療法
  • 自律訓練法

更年期障害に効果的な原料

no.1

マカ

マカに含まれているベンジルグルコシノレートには、ホルモンバランスの乱れを整える働きがあり、更年期障害に有効といわれております。また神経系のバランスをとる効果のある、トリプトファン・ミネラル・アミノ酸が多く含まれています。初期段階の更年期障害の方へ最も有効とされているおすすめ成分です。

no.2

大豆

大豆にはイソフラボンと言う成分が含まれています。このイソフラボンにも種類がいくつかあり、中でもアグリコン型と呼ばれるものは吸収がいいとされています。体に吸収することで女性ホルモンと同じような動きをするので、ホルモンバランスの乱れを整えます。特に更年期障害で悩んでいる女性へ効果が期待できるでしょう。

no.3

高麗人参

漢方などによく利用されているので、栄養成分が豊富に含まれていることはよく知られています。ビタミンやミネラルを多く含んでいます。更に血流と自律神経の働きを整えてくれるジンセノサイドというサポニンの一種が含まれているでしょう。

no.4

ザクロ

遠い昔から美容に有用として食べられていたザクロは、抗酸化作用に効果的なポリフェノールとミネラルが多く含まれています。これにより体の全体の巡りをスムーズにでき、更年期障害の症状に効果的とされています。

no.5

ローヤルゼリー

蜂の世界では嬢王蜂だけが食べられるとても貴重な原料です。総合的に栄養価が高いので、色々なサプリメントに利用されています。冷え性の改善に効果があると言われていますが、他の原料に比べると更年期障害に有効な成分が少ないです。

更年期障害を乗り切れ!サプリの服用でも抑えられる症状

シニア女性

更年期とは?

女性の更年期は、女性ホルモンの分泌が減ることにより卵巣機能の働きが鈍り始めます。この時に迎える閉経の前後の時期が更年期で40~50代の女性が多いです。閉経は個人差がありますが、50歳までに閉経を迎える女性がほとんどです。最近30代の女性でも家庭や職場のストレスからホルモンバランスが乱れて、若年性更年期障害にかかる場合もあります。

更年期障害の主な症状

卵巣が分泌しているエストロゲン(女性ホルモンの一種)が減少されることで、ホルモンバランスの乱れが起きてさまざまな症状が出ます。体のほてりを感じるホットフラッシュや、大量の汗をかくスウェッティングなどが主な症状として知られています。他にも肥満や、やせなど体形の変化や頻繁にめまいやふらつきが起こるようになることが報告されています。精神的症状では、神経質になりイライラしたり、寝付けないなどの睡眠障害などが起こります。

おすすめの治療方法

更年期障害の症状がひどい場合は、病院へいき処方された薬により治療を行います。ですが、病院へ行くほどじゃないけど軽度の更年期障害が出ている方は、どうしたらいいのでしょうか?更年期障害に有効とされているサプリを飲むことで、ホルモンバランスの乱れを整えて症状を抑えることが出来ます。特に更年期障害に有効とされている原料が含まれているサプリを服用するといいでしょう。

女性の悩みに関するおすすめ記事

シニア女性

更年期障害を乗り切れ!サプリの服用でも抑えられる症状

女性は、閉経すると女性ホルモンのバランスが崩れて更年期障害の症状が出始めます。症状を緩和させるためには、サプリの服用がおすすめです。サポニンの一種であるジンセノサイドを含んだ高麗人参は、更年期障害に効果的とされています。

READ MORE
広告募集中